ハリーポッター新作本が11/11発売!シリーズ第8弾「ハリー・ポッターと呪いの子」

ハリーポッター新作本がもうすぐ発売!シリーズ第8弾「ハリー・ポッターと呪いの子」

「ハリーポッター」のシリーズ最新刊「ハリー・ポッターと呪いの子」が11月15日に発売されます。

ーーー(10/24追記)ーーー

※どうやら発売日が早くなったみたいですね。2016年11月11日発売のようです!

-------------

↓こちらから購入できます。アマゾンだと特典として「ホグワーツMAP」がついてくるみたいです!

 

ハリーポッター好きの筆者としてはもう待ちに待った最新作なのでワクワクがとまらないですが、気になるのはその設定・登場人物・ストーリーなど。

ハリーポッター新作本がもうすぐ発売!シリーズ第8弾「ハリー・ポッターと呪いの子」

ニュースサイトによると、

「ハリー・ポッターと呪いの子」は、シリーズ第7弾「死の秘宝」での戦いから19年がたち、父親になったハリーが2人目の子供をホグワーツ魔法学校へと送 り出したその後の物語。魔法省での仕事に忙殺されるハリーと、“伝説”の家族であるという重荷に苦しめられる次男アルバス。過去と現在が不吉に絡み合い、 思いも寄らぬところから闇が忍び寄ってきて……。http://www.cinematoday.jp/page/N0084884

 設定は、シリーズ第7弾「死の秘宝」の19年後のようですね。

ハリーポッター新作本がもうすぐ発売!シリーズ第8弾「ハリー・ポッターと呪いの子」


「死の秘宝」のラストで描かれていたハリーたちの設定では、

ハリーとジニーが結婚し、「ジェームズ・シリウス・ポッター(長男)」「アルバス・セブルス・ポッター(次男)」「リリー・ルーナ・ポッター(長女)」の3人の子供を持つ。

ロンとハーマイオニーが結婚し、「ローズ」と「ヒューゴ」という名の2人の子供を持つ。

という設定になっていました。ドラコ・マルフォイの子どもがハリーやロンの子どもと一緒にホグワーツに向かう描写もありました。

ハリーポッター新作本がもうすぐ発売!シリーズ第8弾「ハリー・ポッターと呪いの子」

このあたりの話がどうなっていくのか、最新作が楽しみです。

今回の出版される「特別リハーサル版」は、本演前に数週間にわたって行われるリハーサル(プレビュー)上演期間の脚本を書籍化したもの。その後、リハーサ ルを踏まえて手直しされた脚本(=本演で使われる最終版の脚本)も「愛蔵版」として出版される。「愛蔵版」には、物語をより楽しむことのできるようローリ ングが加筆する予定。愛蔵版の発売時期は決まり次第発表される。http://www.cinematoday.jp/page/N0084884

アマゾンで購入すると特典として「ホグワーツMAP」がついてくるみたいです!
下のリンクからどうぞ。

 

広告を非表示にする